DesktopなLinuxの設定とか

Linuxの設定やその他思いついたことをまとめていくつもり
【広告】
DesktopなLinuxの設定とか TOP  >  スポンサー広告 >  Linuxアプリ >  ソースからインストールしたファイルをパッケージ管理出来る「paco」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【広告】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソースからインストールしたファイルをパッケージ管理出来る「paco」

ソースからビルドしたファイルはcheckinstallを
使いパッケージ化してインストールをしているが、

これだとソースからインストールしたのか、
パッケージ経由からのか区別が付きにくい

また、まれにパッケージ化できないものもあり、管理が煩雑に
なってしまう



そんなとき、役に立つのが「paco」
http://paco.sourceforge.net/

使い方は
make install
の代わりに
paco -D make install

とすることにより、make installしたファイルをrpmやdpkgで
管理するのと違い独自に管理することが出来る

その他、使い方は
パッケージ一覧
paco -a


パッケージの削除
paco -r package


など、arcrighさんのとこが詳しいです
http://d.hatena.ne.jp/arcright/20100208/1265585530


ソースからインストールしたものとパッケージからインストールしたものを
区別して管理できるので役立つかも

もうひとつの問題は野良ビルドパッケージをリポジトリ経由のものと
区別したいのだが、良い方法はないのだろうか?
あったらだれか教えてください
(そもそも野良ビルドをいれるなんて…というのはない方向で^^;)

【広告】
[ 2011/04/22 21:52 ] Linuxアプリ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

80286

Author:80286
ディストリビューションは
CentOS(Desktop)
ubuntu(Note)
です。
※2011年3月29日よりデザインを変更しました

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。