DesktopなLinuxの設定とか

Linuxの設定やその他思いついたことをまとめていくつもり
【広告】
DesktopなLinuxの設定とか TOP  >  スポンサー広告 >  Linuxアプリ >  wbarconfの使い方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【広告】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

wbarconfの使い方

起動コマンドは
wbarconf

wbarconfの起動画面
20110306-5.jpg

日本語化ファイルを適用した場合
20110306-7.jpg



メインの画面では主に起動するアプリケーションの設定を行う
・Font(フォント)
 マウスポインタをアイコンの上においた時に表示されるフォントの変更
 フォントは
 /usr/share/fonts/
 にいろいろある


・back grownd image(背景)
 /usr/share/wbar/iconpack/
 に少しある

・Title(タイトル)
 アプリケーションの名前を指定
 (マウスポインタをアイコンの上においた時に表示される名前)


・Command(コマンド)
 アプリケーションの起動コマンドを指定
 通常は「/usr/bin」に置いてある
 例)google chromeは/usr/bin/google-chrome
   openoffice writerは/usr/bin/soffice -writer
   openoffice calcは/usr/bin/soffice -calc

・Icon(アイコン)
 起動させるアプリケーションのアイコンを指定
 アイコンの場所は
 /usr/share/wbar/iconpack
 /usr/share/icons/
 /usr/share/pixmaps/
 とかにいろいろある
 例)google chromeは/opt/google/chrome/product_logo_48.png
   openoffice writerは/usr/share/icons/Humanity/apps/48/ooo-writer.svg
   openoffice calcは/usr/share/icons/Humanity/apps/48/ooo-calc.svg

起動オプションの設定
[file(ファイル)]=>[setting(設定)]をクリックすると以下の
ウィンドウが現れる(右は日本語化)
20110306-6.jpg

日本語化ファイルを適用した場合
20110306-8.jpg

こちらの設定は
http://www.pgo.sytes.net/SvxLink/?Wbar%20on%20PuppyLink_JP
の「オプション」欄に詳しい説明があるので、こちらを参考にしてください
かなり詳細に書かれています

※起動オプションの設定には保存ボタンがありませんので
設定が終わったら[更新]をクリックし[閉じる]で終了して、
メイン画面の[保存]より保存してください
この操作により、起動オプションの設定が$HOME/.wbarに書き込まれます

【広告】
[ 2011/05/04 22:46 ] Linuxアプリ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

80286

Author:80286
ディストリビューションは
CentOS(Desktop)
ubuntu(Note)
です。
※2011年3月29日よりデザインを変更しました

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。