DesktopなLinuxの設定とか

Linuxの設定やその他思いついたことをまとめていくつもり
【広告】
DesktopなLinuxの設定とか TOP  >  スポンサー広告 >  MEMO >  RHEL(ContOS)とUbuntuのrun-levelの違いについてのメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【広告】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

RHEL(ContOS)とUbuntuのrun-levelの違いについてのメモ

CentOSは知っていたのだが、Ubuntuの場合はどうなっているかしらなかったのでまとめてみた


ランレベルの確認コマンドは
「runlevel」もしくは「who -r」で一緒

○RHEL(ContOS)の場合

・ランレベル
0 - 停止
1 - シングルユーザー
2 - 未使用/ユーザー定義可能
3 - マルチユーザー、コンソールログインのみ
4 - 未使用/ユーザー定義可能
5 - ランレベル 3 + Xディスプレイマネージャ起動
6 - リブート

・run-levelの変更
/etc/inittab内の
「id:5:initdefault:」の値を編集

上記の設定ではrun-level5にい設定されてるので、
「シングルユーザー」に変更したい場合は
「id:1:initdefault:」に変更すればOK





○Ubuntuの場合

・ランレベル
0 - 停止
1 - シングル
2 から 5 - マルチユーザーモードで、Xディスプレイマネージャも起動
6 - リブート
※Debian 系の多くのディストリビューションでは、ランレベル 2 から 5 を区別しないらしい

・run-levelの変更
/etc/init/rc-sysinit.conf内の
「env DEFAULT_RUNLEVEL=2」の値を編集
シングルに切り替えたい場合
「env DEFAULT_RUNLEVEL=1」に変更すればOK

※Ubuntuの場合、6.10(Edgy Eft)以降、Upstart を代替として採用しているが、
スクリプトは従来通りで、互換ツールによって従来のランレベルをエミュレートしている




参考
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB
【広告】
[ 2011/07/27 23:52 ] MEMO | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

80286

Author:80286
ディストリビューションは
CentOS(Desktop)
ubuntu(Note)
です。
※2011年3月29日よりデザインを変更しました

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。