DesktopなLinuxの設定とか

Linuxの設定やその他思いついたことをまとめていくつもり
【広告】
DesktopなLinuxの設定とか TOP  >  スポンサー広告 >  Linuxアプリ >  psutilsのフロントエンドpage-crunch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【広告】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

psutilsのフロントエンドpage-crunch

linuxにはwindowsのfineprintのような2ページ分のデータを1ページに
まとて印刷してくれる便利なアプリがないかな?とずっと探していたん
だけど、代わりになるようなアプリをやっと見つけた。

名前はpage-crunch


このソフトはpsutilsのフロントエンドでpdfもしくは、ps(ポストスクリプト)
ファイルの複数にまたがるページを1ページにまとめることができる。

ただし、fineprintのようなプリンタドライバではないので、
目的のファイルをpdfに変換 -> page-crunchでページをまとめる -> 印刷
という手順をふまなければならないので、fineprintの代わりという意味
で使うには少し面倒かも…




以下は使い方など

インストールは
sudo apt-get install page-crunch
でOK

psutilsは予めインストールされていると思うが、インストールされていない場合は
sudo apt-get install psutils
でインストール

インストール後はコマンドで起動
$ page-crunch
※gnomeやXfceのメニューに登録されないので、メニューなどから呼び出したい
場合はランチャなどに自分で登録が必要になるかも…



起動画面はこんなかんじです。
Screenshot-page-crunch (v. 1.0.1)
tcl/tkで作られているので、見た目は古臭いかもです…


初期設定として、pdfとpsのビューアの設定が必要になります
設定場所はウインドウの右下にある「visu.」の箇所です。
デフォルトでは通常インストールされていない
pdfビューアがxpdf
psビューアがgv
になっているので、他のビューアに変更してあげましょう
ビューアが見つからないとエラーになります

例として、
pdfはevinceやacroread
psはevince
にしておけば問題ないです



基本的な使い方は、
[Files]のinにページをまとめたいファイルを選択して[see]をクリックと
inのファイル名_reduit.pdf(もしくはps)
というファイルが生成されビューアが開いて結果を確認できます

※おまけとして、
inのファイル名_temporaireE.psと
inのファイル名_temporaireS.ps
というテンポラリファイルも生成されます

ただし注意として、起動したビューアを修了終了させると
「Error:child killed:segmentation vio...」
といったエラーダイアログが表示されますが、これはpage-crunchがビューア
を終了することによってプログラムが落ちたと判断しているようなので特に
問題ないです
【広告】
[ 2012/02/27 22:11 ] Linuxアプリ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

80286

Author:80286
ディストリビューションは
CentOS(Desktop)
ubuntu(Note)
です。
※2011年3月29日よりデザインを変更しました

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。