DesktopなLinuxの設定とか

Linuxの設定やその他思いついたことをまとめていくつもり
【広告】
DesktopなLinuxの設定とか TOP  >  スポンサー広告 >  MEMO >  アップデートマネージャーの強制終了

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【広告】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アップデートマネージャーの強制終了

アップデートマネージャが強制終了して使えなくなった…

その他に、Synapticやソフトウェアセンター、apt-getコマンドもおかしいorz

syslogをみてみると

kernel: [ 134.080974] aptd[2682]: segfault at b4f81bf8 ip b6c93a51 sp bf817b70 error 6 in libapt-pkg.so.4.12.0[b6bbe000+124000]
kernel: [ 288.887177] apt-get[2848]: segfault at b580cbf8 ip b76daa51 sp bfdb77b0 error 6 in libapt-pkg.so.4.12.0[b7605000+124000]
kernel: [ 1366.917112] update-manager[3231]: segfault at aa803bf8 ip b4962a51 sp bfbb7100 error 6 in libapt-pkg.so.4.12.0[b488d000+124000]

とapt関係でエラーを吐いている

アップデートのマネージャが強制終了するようになる前の日に、パッケージのアップデートが色々とあったので、そのせいかと思い検索をかけてみたけど、そうではなさそう…



そこであれこれと試した結果、追加したリポジトリがおかしくてapt-getが強制終了したようでした

今回の不具合をおこしたリポジトリは「ClipGrab」だったので、一旦このリポジトリを無効にてみる

まずは、「/etc/apt/sources.list.d/clipgrab-team-ppa-precise.list」ファイルの編集し、全ての行をコメントアウト
deb http://ppa.launchpad.net/clipgrab-team/ppa/ubuntu precise main
deb-src http://ppa.launchpad.net/clipgrab-team/ppa/ubuntu precise main



#deb http://ppa.launchpad.net/clipgrab-team/ppa/ubuntu precise main
#deb-src http://ppa.launchpad.net/clipgrab-team/ppa/ubuntu precise main

編集したファイルを保存して

sudo apt-get update
して強制終了しなければOK

もしくは、アップデートマネージャが正常起動すればOKかも

まだ試していないけど、リポジトリの削除(開放?)は
「ppa-purge」をインストールして

sudo ppa-purge ppa:clipgrab-team/ppa

すれば良いと思う
【広告】
[ 2014/06/28 11:49 ] MEMO | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

80286

Author:80286
ディストリビューションは
CentOS(Desktop)
ubuntu(Note)
です。
※2011年3月29日よりデザインを変更しました

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。