DesktopなLinuxの設定とか

Linuxの設定やその他思いついたことをまとめていくつもり
【広告】
DesktopなLinuxの設定とか TOP  >  スポンサー広告 >  openoffice/libreoffice >  LibreOfficeの新しいツールバー「MUFFIN」を試してみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【広告】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

LibreOfficeの新しいツールバー「MUFFIN」を試してみた

LibreOfficeが5.3にアップデートしてMSOffice風のツールバーが使えるようになったので、試してみた。

ちなみに、試したOSはWindowsです…

早速LibreOffcieのページから最新版をダウンロードしてインストール
したけど使えない…



調べていくとココにあるように「実験的な機能」を有効にしないと使えないらしい

実験的な機能を有効にするには
メニューバーの「ツール」から「オプション」を選択
オプション画面より
「LibreOffice」直下の「詳細」にある「実験的な機能を有効にする」
にチェックを入れて、「OK」をクリック後LibreOfficeを再起動することで
有効になった

2017y02m04d_004305175.jpg 

ツールバーを切り替えるには
メニューバーの「表示」から「Toolbar layout」にある「Notebookbar」を
選択するこてで切り替え可能

2017y02m04d_004414177.jpg 

切り替えた結果がこんな感じ 一部アイコンが表示されいないです
どこかで、アイコンの設定ができるのかな?

ちなみにNotebookbarには2種類あるようで
上の画面が「tabbed」
もう1つは「contextual groups」
という画面で切り替えには

メニューにあるタブの一番左のアイコンをクリックしてメニューをだして
「Menubar」をクリックしメニューバーを出した後

2017y02m04d_004437708.jpg 

メニューバーの「表示」から「ノートブックバー」にある「contextual groups」
を選択で切り替えが可能

2017y02m04d_004543209.jpg 
切り替えた結果がこんな感じ
こちらなら使えそう

まだ実験的な部分もあるようで表示がおかしかったりするけども、「contextual groups」
は今までのごてごてした感じと違って洗練されたデザインなような気がするので今後に期待しましょう

【広告】
[ 2017/02/04 10:28 ] openoffice/libreoffice | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

80286

Author:80286
ディストリビューションは
CentOS(Desktop)
ubuntu(Note)
です。
※2011年3月29日よりデザインを変更しました

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。