DesktopなLinuxの設定とか

Linuxの設定やその他思いついたことをまとめていくつもり
【広告】
DesktopなLinuxの設定とか TOP  >  スポンサー広告 >  その他 >  ネジ頭のミゾを潰さないために

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【広告】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネジ頭のミゾを潰さないために

ネジの取り外し時に発生してしまうトラブル

以下の記事ではメモリ交換の作業中にネジ頭の溝(ドライバを挿す部分)を潰してし
たってらしい…
“なめて”しまったねじを何とか回すグッズ-ITのニュース:イザ!


頭が皿ではなく、もっと大きければニッパを使って外せるのにな~
とか
ドリルを使ってネジ頭をとって残ったネジ山の部分をニッパで回したほうが楽かも(だめかな…)
とか思いつつ…

潰してしまったものは仕方ないが、今後なるべく潰さないようにすることも必要ではないのかな?

いつもこのようなことを繰り返していると、ドライバの先もボロボロになり、ネジ頭を潰しやすくなるし…



個人的にかたくて回らないネジは以下のことを注意して作業をしている
・頭の溝にあったドライバを使う
・ドライバの先がボロボロになったものは使わない(頭の溝を潰しやすい)
・ドライバは頭の溝に対してまっすぐいれる
・ドライバを廻す方向に力をかけるのではなく、ネジを押すようにしてドライバをまわす

これが正しい方法なのかはわからないが、この方法で大体のネジを外している(錆びていたり、その他外部要因がある場合は別だけど…)

もっとも、外し易いようなネジにしてあれば問題ないのにな~


もちろんネジを絞めるときも、斜めにいれてネジ山を潰さないように!



【広告】
[ 2007/04/03 17:20 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

80286

Author:80286
ディストリビューションは
CentOS(Desktop)
ubuntu(Note)
です。
※2011年3月29日よりデザインを変更しました

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。