DesktopなLinuxの設定とか

Linuxの設定やその他思いついたことをまとめていくつもり
【広告】
DesktopなLinuxの設定とか TOP  >  スポンサー広告 >  firefox >  Centosにfirefox2を入れてみる(その3)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【広告】
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Centosにfirefox2を入れてみる(その3)

以前、Centosにfirefox2を入れてみるという記事を書いたが、あまりスマートな方法でような気がするので再掲
※どちらかというと、firefox1.5を消したくない人向け

【手順】
firefoxの公式サイトより最新版をダウンロード
※2007年6月19日現在の最新版は2.0.0.4

1.ユーザーをルートにスイッチして、ダウンロードしたファイルを/optに解凍
$ su -
passwrod:
# cd /opt
# tar xvzf {ダウンロードしたディレクトリ}/firefox-2.0.0.4.tar.gz



2.firefox2が起動するかGNOME端末を使い確認する
$ /opt/firefox/firefox



※エラーになって起動しない場合はライブラリのインストールが必要になる
そんな場合には以下を参照のこと
Centosにfirefox2を入れてみる(その2)

3.firefox2をGNOMEに関連付ける
メニューバー上の[システム]->[設定]->[他の個人設定]から'お気に入りのアプリ'を選択

ウエブ・ブラウザのプルダウンメニューを'firefox'から'その他'に、

'コマンド'を'/opt/firefox/firefox "%s"'に変更



4.3の設定が正常か確認
GNOME端末より
$ htmlview
firefoxのバージョンが2になっていればOK


以上の操作でメニューバー上の'GNOMEウェブブラウザ'のアイコンからfirefox2が起動できるようになる

※2007年6月28日追記
管理者権限(root権限)のないユーザも'/opt'をホームディレクトリに置き換えれば幸せになれるかも…

また、起動するブラウザの設定が必要なアプリ(JDとかSylpheedなど)では起動するブラウザにhtmlviewを選択してあげればよい

【広告】
[ 2007/06/19 16:41 ] firefox | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

80286

Author:80286
ディストリビューションは
CentOS(Desktop)
ubuntu(Note)
です。
※2011年3月29日よりデザインを変更しました

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。